忍者ブログ
正直なところ、
いきていたんだよ、いきていたいんだよ
お久しぶりです。

私のことを心配してメールやコメントを下さった方へ何もリアクション出来ないまま
今に至っていることを我儘だと自覚していますが、どうかお許しください


今 私は一日5時間、月曜~金曜まで官公庁で働いています。
臨時職員とかそういう類で、会社で言うところの契約社員のようなところでしょうか

産休交代で今年の3月いっぱいまでの予定でしたが、産休が延びたか何かで
この9月頃までは雇用が継続されています。

月の収入は10万ちょっとですが、出勤時間も希望で遅めにしてもらっているし
ひと月の労働日数が決まっているので、それを超えると無給のお休みがあります。
ちゃんと有休もあるし、病休、生理休暇なんかもあるし、夏期休暇もちゃんともらえます。
ボーナスがなくて、給料が安いことは確かに金銭的に辛いものもありますが
実家暮らしなのでなんとかやっていけています。
雇用保険も厚生年金もかけてもらっていることを思えば、
今まで働いてきた中で一番福利厚生が整っていて働きやすい職場です。
(バス一本で行けるので通うのもとても楽)

ただ、9月入ってすぐに私は仕事をやめなくてはいけないかもしれないという
漠然とした不安が日を追うごとに大きくなってきていて
非正規ではなく正規雇用してもらうために試験を受けようかと思ったり
でも脳足りんの私には絶対受からないのが目に見えているし
なにより、本当にここで正規として働きたいのか最近は疑問なのです


3月で異動した上司を本当に尊敬していて、その人がいたから頑張れたというのも大いにあって
だから今は仕事に波があるところなので、仕事があるときは鬼のように忙しいけれど
暇な時はコピーすらとらないくらい電話も鳴らなきゃ寝てしまいそうなくらい暇で
今は忙しいけど(上の人たちは)暇な時期(私は)なのでますますよくわからなくなって


とりあえず週5で働くということが無理だと思っていた私が
労働時間が短いとはいえ週に5日も仕事に行けていることは大進歩だし
自信にもなりました。

だからこそもうわからないのです
なにがしたいのかなにをして生きたいのかなんのために生きているのか


久しぶりに、ご縁あってずっと読んでいたブロガーさんのブログを拝読しました。
一時期パスがかかってて見ることができなかったので心配でしたが
今は書くことを生業とされているようで、さすがだなぁとただ憧れました

私はもう書くことができなくなってしまっているし
病気もなんだかよくわからない感じで

死にたいとは思わないけれど
生きていたいなにがあるわけでもなく
ただ生命を浪費し惰眠を貪る獣に成り果てましたというお話。

ちなみに、性欲は相変わらずですが、せふれは作ってません、彼氏もいません。
女も枯渇、人としては墜落 私は生ごみ

拍手

PR
あたし
おかしくなっちゃったのかな
つかれてるのかな
さいきん
えっちしたくてたまらなくて
せふれつくろうかなっておもってる
でもゆうきがないから
であいけいとかこわくて
でもせいよくおかしくて
やるのはこわいから
なめてくれるだけでいい
どうやってであえばいいの
であえないならどうしたらいいの
あたしじぶんのゆびじゃなんにもかんじないから
それもおかしいのかなあ
ねえだれかせっくすして
びょうきもってないいけめん
いけめんでなくてもふけつじゃなければいい
あとでぶはいやだけど
いぬかいたい

拍手

不採用通知

悲しくもない
泣けもしない
寝れもしない
なにも
なんにもない



つかれた
寝逃げでもしたいのに寝れない
身体は疲れてるよ
頭もぼーっとしてて眠いような気がするし
でも寝れもしないし
起きてもいられない

挫折ばかりの2017

むしろたのしいわはは

拍手

昨日官公庁の臨職の面接受けてきました。
ハロワから紹介状出してもらって応募したのは人生で初めて。

面接の約束をするときに受けたいとこ2つ希望出してて
ひとつは電話したときに「あ、もう…」みたいなリアクションだったから
決まってるかもしれないね、また連絡がきますと言われて
その次の日に「実は採用者が決まりまして、、」と連絡がありました。

もうひとつの方が昨日の面接です。
面接の手応えは悪くなかったと思います。
でも、手応えがなかったなぁと思ったものは受かっているので
(というか今までだめだったなぁと思ったことしかないし
面接でそう思ったそこでしか働いたことない)
逆に今回は落ちたんじゃないなぁと思ってます。
採用なら今日あたりに連絡があり、不採用なら郵送で通知。
今日は一日落ち着かない。

既に採用1人に対して私が受けるまでに7人受けていて
何人かは不採用が決まっていたらしいけど
まだ最終選考というか、そういう状態の人がいるから
ほぼ決まってるかもしれないけど受けることにしたから
タイミング逃したなぁって。
ハロワの求人は本当にタイミングが大事なんだなと今回学びました。

今までは求人誌とかそういうので応募してきたから。
求人誌の求人は自分で電話してすぐ約束取り付けられるけど
ハロワの求人は紹介状が必要だったりするから手間がある、
その手間が私のように波のある人間には実は大きな壁になったりする。
でも、外出が出来ない波がある時点でまだ働ける状態でないのかもしれないけれど。

でもこのままでは色々と追い詰められてしまう気がして
このままでいいやとずっとニートしそうで、その相反する2つが
どちらも私を破滅へと追いやるから


今は何を基準に何に応募したらいいのか
「この仕事はできない」「保険関係は最低これが必要」
「給与は最低これくらい」「朝早すぎるのは無理」
そのぼんやりした判断基準で選んでいるけど
見つけてもまたハローワークに手続きという壁が
私を足踏みさせる、それはきっと言い訳にすぎないのだろうけど

拍手

仕事に就くことは簡単だ
当時Fランクだった大学が新しい学科の増設などで
偏差値も多少上がったし、派遣やパートだっととはいえ
それなりに名の知れたところで働いていた
面接も最終的に好感を持たれる笑顔を作れるから落ちることもない

だけどね
仕事に就くこと自体が難しい人(面接や書類選考で落とされる人)には申し訳ないけど
仕事に就くこと自体は私には簡単なことなの
仕事を続けていけるかどうかが私には大変むつかしいことで
それはきっと書類選考や面接で落とされてしまう人には簡単なことなのだろうと思う

また仕事を探しているけれど
昔抱いていた夢のようなものももうないし
働くのは生きるために必要だからということもわかってる
だけどよくわからないんだ

私は何者なのか

人として何か重要なものが欠落しているのか
それとも余計に持ち合わせてしまっているのか
どちらとも言えない危うさで私はどこにも行けない
それは私自身何者なのかわからないから

ある人に言われた
「企画や制作をする仕事とか
人に指図されずに自分の中に溜まっているものを
爆発させられる表現の仕事が向いてると思う」と
その人は私と数回当たり障りのないことしか話してないと思うのに
見抜かれていた気がして驚いた

私が「本を出したい」と思っていたこと
頭の隅にあったけど、いろんなものに押しやられて隠れていたもの
それが埃まみれのなかからすくい出されたようだった


やりたいことなんてもうなにもない
好きなバンドやアーティストのライブに行けたらそれでいい
そのためにお金が必要だから働くしかない
そう思ってしていた仕事探しも
少しだけ考え方を見方を変えられる気がして

まだわからないことばかりだけれど
私が何者なのか
またここに記していく中で
爆発するものを
表現したいと
思ったりした

もう
書けない気がするけれど

拍手

忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
もみじ
性別:
女性
職業:
パートタイム派遣社員。
趣味:
被害妄想
自己紹介:
社会不安障害だったりする
非正規労働者によるブログ。

コメントは内容によっては
削除させていただく場合があります。
打たれ弱いので。ごめんなさい。

*ツール下部にンケートを設置しました*
もし宜しければご協力くださいませm(__)m

わたしのことを詳しく知りたい方はこちら
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
[09/13 タラ]
[08/03 こと]
[11/09 tara]
[01/24 こと]
[03/01 わたし]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
詩集出版に関してのアンケート