忍者ブログ
正直なところ、
いきていたんだよ、いきていたいんだよ
彼は本当にたいぎい人だ。
あああもう疲れるなあ。

なんていうかねーやっぱり根本的に合わないよなーっての最近すごく思うわけですぁ。
でも好きだからいいかなーって思ってたけど、なんか最近やっぱ付き合って2ヶ月くらいの間に
溜まってる不満みたいなのとか蓄積してるし、もううがーって感じで、でもなんかちょっと言っただけで
すごい傷つくし、じゃけんこっちは言わずにずっと我慢して、で、いいよいいよってなんでも
寛容に受け入れてやってんじゃん。
そしたらつけあがんのかてめぇはあああああ!!!!!!11
つけあがってるとは思いませんし、それは多少語弊があるのですが、
なんというか現状にあぐらをかいている、と申しましょうか、うーん、まぁ一言で言うと彼、
向上心っつーもんが全く無いと思うんですよね。
あと、ありえんくらいネガティブだし。
いや、うちがネガティブな人嫌いだからやたら目に付いていらいらするだけで、
本当は大してネガティブじゃないのかも、って何度も思ってみたけど、やっぱりありゃ筋金入りのネガティブだよ!
大概うざいよ!
普通のネガティブならまぁ我慢できるけど、半端無いネガティブ加減だから!
そんなにネガティブでよく今まで生きてこれたね!って嫌味で賞賛してやりたいくらいだよ!

こんなこと思うのもうちが異常なポジティブだからかもしれませんが。
異常なポジティブと異常なネガティブが付き合ってるんだもの。
そりゃ噛み合わんわな。
住んでるとこもすごく離れてるし、あ、これあんま関係ないけど、
まぁなんていうかうーん食べ物も嗜好違うし音楽とか美的感覚もいろいろ違って。
違うって言うか、真逆に近いくらい。
考え方も当然正反対に近いし。
だからすげーいらいらすんの。
それは彼にも言えることなんだろうけど、だからって努力してるようにも見えんのが腹立つ!
うちはそれなりに彼に合わせようと頑張ってるわけですよ!
彼がここ行きたいーって言ったら私はいいよって言って黙ってついてくわけですよ、
例えばご飯食べるのにしたって、ご飯やさんでこの店あんま好きじゃないなーって思っても
彼が「ここいいねー」って言ったら「いいね」って合わせてるし。
もちろん、あーこりゃうちは無理だわ。って思ったらお店出た後で「うちはあんま好きじゃないかも」って言うけど。
だってじゃないとそれ以降無理を強いられるわけじゃん。

んもーなんていうかかけんけどもおおお!!!!!!!11!!1!11111
彼はマザコンだから「叱って」って私によく言うし、「しつけして」ってよく言うのね。
だから私はしつけするし、よくないことは正そうと叱るし、マナーとか常識がないから、
教えてあげてるし、なのにほとんど学習しない。
なにこの学習能力のなさ!向上心のなさ!努力のなさ!

彼と私は違うから、こんなこと言ってもしょうがないと言えばしょうがないと思うよ、
これは私の考え方の押し付けだとも言えるだろうし、卑劣だと言われればそうかもしれない。
だけど、私は彼のことを本気で思っているし、だからこそ彼にはきついことも言わなくちゃいけない。
そんなきつい言葉のひとつやふたつで壊れる関係ならそれは恋人だなんていえるの?
私は言葉がきついし、言うこともオブラートに包んだりしないから直球でぐさりと色んな人の心を傷つけたよ。
それは申し訳ないと思っている。
だけれど私はあまり間違ったことを言っているつもりはない、微塵でもそう思っているなら自分の心に
収めて他人に口外したりしないよ、ましてや本人に直接伝えるようなことはしない。
私は相手のためになると思ってきついことでも言うタイプの人間なんだ。
もちろん相手は最初は受け入れられなくてとてつもなく傷つくだろうけどね。
諭吉も「もみじは言うことがきついし、言うタイミングもある意味天才的で、ダメージがすごいくる。
だけど、あとから考えてみたら言ってること間違ってないし、もみじのおかげでいろいろ考えさせられた。
言い方はきついしすげーダメージ食らうけどな(笑)」と言う。
私はそのダメージがあるからこそ私の言ったことが相手の心から消えずに残り、
冷静になってぼんやり思い返してくれたときにハッと気付いてくれるんだと思う。
そのためには多少のダメージは必要なんじゃないかと。
自分を正当化するための言い訳かもしれないけれど、いやきっと言い訳なんだ、だけれど
私は自分のやったことに対してたいしたもんじゃないけど責任を持っているつもりだ。
それは当然のことだと思う。
責任持ててねーよ!と言われたらそれは責任じゃないのかもしれない、私が思っているだけで。
しかしそもそも責任ってなに?
傷ついたらその代償を?償い?弁償?
それってお金なの?時間なの?なんなの?
企業に勤めて、相手の会社に損害を与えたのだとしたらお金だろう。
交通事故で怪我を負わせたりしたら私は医者じゃないから治療費、お金だろう。
そうやって考えたらお金なのかもしれない。
だけれど、今考えているこの話ではお金だとはいえないよね。
お金だとしたらそれは正直言っておかしいと思うな、私は。
心からの謝罪じゃ、社会的に許されないのかもしれないけれど、私はこういうのって心からの謝罪で済む
話なんじゃないかなって思う。
都合よすぎ?
ううん、でも私は心からの謝罪で満足するけど。
うーん。わからん。

ってーか話それまくったじゃあああああん

とにかく彼にまた説教してしまったさはははーん。
このブログ書いてる間にメールしてて、それで説教もしましたが、
如何せんこんな時間なので彼は眠たかったらしく、説教メール打ってる間に寝ちゃったみたいです、
のんきな奴っちゃなー!
まあいいけどー
もういいさ好きにするがいいさ

拍手

PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
   ったぁあ HOME 騎乗位   
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
もみじ
性別:
女性
職業:
パートタイム派遣社員。
趣味:
被害妄想
自己紹介:
社会不安障害だったりする
非正規労働者によるブログ。

コメントは内容によっては
削除させていただく場合があります。
打たれ弱いので。ごめんなさい。

*ツール下部にンケートを設置しました*
もし宜しければご協力くださいませm(__)m

わたしのことを詳しく知りたい方はこちら
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
[09/13 タラ]
[08/03 こと]
[11/09 tara]
[01/24 こと]
[03/01 わたし]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
詩集出版に関してのアンケート