忍者ブログ
正直なところ、
いきていたんだよ、いきていたいんだよ
そういうのは捨ててみましょう
これどの曲だっけなぁ。思いだせん。

今日はサークル紹介がありました。でもなんか結局あんま…って感じでした。
フォークソング部が椎名林檎の正しい街を演っていてそれだけはうひょひょでしたが。

通信の子が自傷をしているんだ、と教えてくれました。
自分でも切りたくないし、親もやめなさいと言うからやりたくないけど、どうしようもないときがあるって。
私は血を見るのが怖いから、リストカットとかは出来ないからしてない、と言ったら
でもそのほうがいいよ、自分でもすごく辛い、と。
初めて切ったときなかなか切れなくてずたずたにして血まみれになったこと、痕が残っていること、
そういうのは一生記憶として残るから自分が自分を辛い思いに追いやるんだ、と。
痕はレーザー治療で治せるけど自分は敢えてしない、とその子は言っていた。
それを誰かに見てもらいたいわけじゃないし、それをどうこうするつもりはないけど、そういうのって結局
また記憶だけ残って悲しいじゃん、と。
私は血を見るのが怖いせいで自分を傷つけられなかったけれど、それは私にとって幸いだったんだろう。
きっとやめられなくなるだろうから。

リストカットをしている人はブログでも、私はメンタルヘルスブログランキングに
登録しているからちょこちょこ見るけれど、
それが現実にあるものだとはわかっていても、自分におきていないことだったし、近くにいる人もそうでなかったから
それが現実でも私はすごく遠いものだと思ってた。
けどそれは自分の想像以上に近くにあるもので、私が想像した以上にリアルな事実なんだ
ということを思い知らされた気がした。

笑って話をしていたけれど、内心すごく心が揺れていたと思う。
私に打ち明けることも、勇気がいることだったと思う。
辛い時期のことを話しているときに涙目になって、それでも泣かないで保健室まで耐えて
カウンセラーさんのところまで一緒に行った。
今すごく不安定で辛い、鬱もかなり入ってる、と言っていた。
それでも人前ではキッと気を張って頑張っている姿を見ていると私も胸が苦しくなって
保健室で泣いてしまった。自分の話を先生にしながら。
今までのことや病気になったきっかけ、対人恐怖が生まれた背景などいろいろなことを正直に。包み隠さず。
初めて本当のことを言った。
父や母はなぜ私が社会不安障害になったのか理由がわからない。けれど理由はあるんだ。
一人でそのときのことを思い出してもなんとも思わなくなって居たのに、
そりゃあ腹は立ったし憤りを覚えていたけれど、涙は溢れなかったのに。
人にそれを吐露すると急につっかえがなくなってしまう。
堰を切ったように、というけれど、本当に堰ってあるのよ。
そうしたらなんだか他の色々な、自分の生い立ちだとか話していても泣いてしまって嗚呼ーでした。
途中までしか時間的に話せなかったけれど、また明日行くので(通信の子と一緒に)
そのときにまたいろいろ話します。

教習所も行きました。
いろいろ書きたいことあるけどもう寝なくては。
まーたあーしーたー。

最近寝ても疲れが取れません。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

拍手

PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
   avalanche HOME 筆箱   
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
もみじ
性別:
女性
職業:
パートタイム派遣社員。
趣味:
被害妄想
自己紹介:
社会不安障害だったりする
非正規労働者によるブログ。

コメントは内容によっては
削除させていただく場合があります。
打たれ弱いので。ごめんなさい。

*ツール下部にンケートを設置しました*
もし宜しければご協力くださいませm(__)m

わたしのことを詳しく知りたい方はこちら
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
[09/13 タラ]
[08/03 こと]
[11/09 tara]
[01/24 こと]
[03/01 わたし]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
詩集出版に関してのアンケート