忍者ブログ
正直なところ、
いきていたんだよ、いきていたいんだよ
私が言いたかったのは生きる死ぬの話ではなくて、なんだか疲労にかこつけてメールをしない私が嫌なだけです。
心配してくださっているのに、メールの一つも送らないでブログばっかり更新している自分が許せないのです。
ブログを更新する前にメール送れよ、と思わずには居られないのです。
なのに、そうずっと思っているのに、メール送らないなんて最低です。
そんな私にメールの返信は気にしなくていいなんて言ってくれるなんて寛大すぎます。
恐れ多いです。

今だってこれを書くのではなくてメール書けば良いじゃないかと思います。
だけれど、対不特定多数よりも対一人はとても難しくて。
言葉のニュアンスや羅列に筋道、それらを繋ぎ合わせる作業はとても難しい。
友達に送るメールの返信にしてもそれは言えること。
どうしてブログは簡単なのにメールは難しいのか。
ブログは不特定多数の人が見ていて危険なのにどうしてメールには危機感を感じるのか。
それは不特定多数の人にはそもそも好かれようが嫌われようがどちらでもいい、
という思いがあるからだと思います。それはつまり私が何も思っていないということです。
だけれど、対一人のメールでは、その人が嫌いな人ならまだしも、そうでないから、
大切な人だから、失いたくないから、とてもとても言葉の端々にまで気を遣います。
相手に嫌われたくない、相手を傷つけたくない、私の本当を理解して欲しい、それらが入り混じって、
メールはとてつもない重量になります。
ブログを簡単に書けるのは気持ちが軽いからです。
いい意味でね。だから正直なところが書けているといえる。

もちろん、ブログを見てくださっている方の中でコメントを下さる方のこと、とても大切に思っています。
それだけじゃなく、コメントが出来ないけれど、見てくださっている方のことも、
もしかしたら私のブログに好意を持ってくれている方も、とても大切です。
それは上記に書いたように大切な人だから失いたくない。
だけれど、それは何人かわからなくて、一人ひとりのことを考えてブログを書いていたら続かないし、
というか到底無理な話だろうと思うのです。
だってその人の触れてはならない場所が私には見えづらいから。
だからって虫眼鏡を持って研究してもそれは私の捉え方だし、
ブログを書くときに逐一その人に尋ねていたら、もはや記事が成り立ちません。
それにその時点でそれはブログではなくメールと同じではないでしょうか。

よくわからなくなったけれど、メール、出来るだけ早くお返事をしたいと思っています。
それだけは伝えたくて。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

拍手

PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
もみじ
性別:
女性
職業:
パートタイム派遣社員。
趣味:
被害妄想
自己紹介:
社会不安障害だったりする
非正規労働者によるブログ。

コメントは内容によっては
削除させていただく場合があります。
打たれ弱いので。ごめんなさい。

*ツール下部にンケートを設置しました*
もし宜しければご協力くださいませm(__)m

わたしのことを詳しく知りたい方はこちら
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 23 24
25 26 28 29 30
カウンター
最新CM
[08/03 こと]
[11/09 tara]
[01/24 こと]
[03/01 わたし]
[11/08 たいぞう]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
詩集出版に関してのアンケート