忍者ブログ
正直なところ、
いきていたんだよ、いきていたいんだよ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そういえば誕生日がいつの間にか今週の間に過ぎ去りいつの間にか私は18歳になっていました。
友達はメールをくれたし、プレゼントもくれた。
父は題名に「18歳の誕生日おめでとう」とだけ入れたメールをくれて、
祖父母はおこづかいをくれた。
そんななんでもない日だったけれど、私は苛立ちが止まらなかった。
みんなのお祝いの言葉に応えることも礼を言うことも出来ないまま不貞腐れて年を重ねただけである。
みんなに申し訳ないよ。
こんな私のために祝いをくれたのに、せめて笑顔でも返したかったのに。
今の私には何も返すことができないから。
本当は親に感謝する日なのだ。
そんな日にも私はみんなに嫌な思いをさせるばかりだ。
ごめんなさい。ごめんなさい。
でもありがとう。
すごく嬉しかったんだよ、きっと。
胸のどこかでずっと。

そんなこんなで友達から頂いたプレゼントの中にあったハーブを育てるキット。
私にはきっと必要だと思う、何かを愛でること。
刺々しい心を癒してくれる、思いやる心を授けてくれる、そんなものが。
今の私の状況を見透かしていたのかしら。
持つべきものは友。


それから、しばらく教習所は気が向いたときしか行かないことにしました。
4月からでも取れるし。
焦っても自分が苦しいだけだし。
だってイライラの理由は自動車学校にあるとわかったから。
ううん、自動車学校が悪いわけじゃない。
母が「今日は乗らないの!?」とか「早く取りなさいよ!」と急かして脅してくるのが怖いのだ。嫌なのだ。
前の学校に居たときと同じだ。
母は毎朝7時から1時間ごとに延々起こしにきて「今日も行かんのん!?」「いい加減にしなさいよ!」
それがなければ5分ごとにメール。
ある種のPTSDなんじゃないだろうか。
特に私は元々母に対してとても敏感なところがある。
だから簡単にパニックを起こす。
母のヒステリックな声。大きな声。怒ったような口調。不満そうな口調。
それらすべてが私の敏感なセンサーに反応してしまう。
母はいつまでもわかってくれない。
学習能力が、私に対しては著しく欠如しているように思う。
どう接したらいいのかわからないが故に本質を見失っていると思う。
本当の真実は、あなたの身近に、あなたのなかに、些細なものとして存在していることに早く気付いて欲しい。
病院でその事を言って、先生に注意してもらっても、効果があるのは3日ほど。
それに、先生にそんなことを言ったと、根に持つ。
怖いよ、本当にあの人が怖いよ。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

拍手

PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
もみじ
性別:
女性
職業:
パートタイム派遣社員。
趣味:
被害妄想
自己紹介:
社会不安障害だったりする
非正規労働者によるブログ。

コメントは内容によっては
削除させていただく場合があります。
打たれ弱いので。ごめんなさい。

*ツール下部にンケートを設置しました*
もし宜しければご協力くださいませm(__)m

わたしのことを詳しく知りたい方はこちら
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カウンター
最新CM
[09/13 タラ]
[08/03 こと]
[11/09 tara]
[01/24 こと]
[03/01 わたし]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
詩集出版に関してのアンケート