忍者ブログ
正直なところ、
いきていたんだよ、いきていたいんだよ
私はまぁ高2なんですが、小学校から高校まで団地内にある
市立の学校に通ってるので、割と同級生にも小学校からの付き合いがある子たちが
多くて、新しいクラスになったりしても、ある程度喋れる人はいる、
っていう少し恵まれた環境で生活しています。
しかし、その分、小学校や中学校のとき、傷つけてしまった人と同じクラスになる可能性もあって。

今年、高2になって、その「傷つけてしまった人」と同じクラスになりました。
それは、小学5年の頃、その子が転入してきて、ちょっとキャラが濃くて、
喧嘩っ早くてなおかつ自己主張の強い子だったんです。
市内の学校であっても緑に囲まれたそれなりの田舎の学校ですから、そういった子は
奇異の目で見られるか、避けられるか、陰湿な嫌がらせか、あからさまな嫌がらせか
いずれかを受けるようになってしまうんですよね。
どこ出身であろうがあまり私たちには関係ないけど、その人の性格や人となりは
同じ学校で学んでいく”同志”として許容せねばならないことですから。

そうして、私たちは避けて、あからさまな嫌がらせをしていました。
といっても、これは今となっては、キレイ事にしか聞こえないかもしれないけれど、
私自身、その子に危害を加えられたわけでもないし、少々横暴なところを除けば
大して嫌いではなかったんです。可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
しかし、周りの皆がそうして(避け、嫌がらせをして)いる以上、私がそれに背き
歯向かうことは、私の身を危ぶむことになりかねなかったので、皆に従うほかなかったんです。
私は「なぜこんな事・・・」という気持ちと「まぁいいか、皆してるし」の狭間で
いつも悩んでいました。けれど、それが習慣化していくことによって、私の感覚も麻痺し、
その子が困っている顔を見ては遠くで嘲笑い、その子の前ではいい格好をして
その分、聞こえるか聞こえないかの距離でわざと悪口を言ったりしていました。
そして、小学校の修学旅行で同じ班になって、行動をともにしたのですが、
仲の良い他の子とばかりしゃべり、笑い、挙句の果てには逃げ、その子を困らせました。
その時のあの子の気持ちはどれほどつらかったんだろう、と
中学生になった私はそのことについて深く考え、反省しました。

しかし、中学3年になり、生徒会執行部に私が入り、その子も以前から入っていたので、
再び話したり、何かしらあるごとに関るようになりました。
けれど、生徒会執行部でもその子に対して嫌がらせが始まり、後輩の子まで
その子を避けたりして、また私も周りのみんなに合わせざるを得ない状況に追いやられたのです。
もちろん、中学生になってもやはり横暴なところはありましたが、
小学生の頃に比べれば遥かに性格も丸くなり、時折自然に優しさを垣間見せたりもしていました。

だから、私はその子を傷つけないようにしよう、と決めました。
それでも、執行部のみんなが「もみじ優しい~w」とか「ボランティア?(嘲笑)」などと
私に向かって嫌味を言ってくるようになったのです。
悔しかった。
自分は何も悪いことはしていない、正しいことをしているはずなのに、
なぜこうやって言われなくてはいけないんだ、と。
けれど、自分の意思、意志、決意を貫き通せずに、
またしても私は、その子を傷つけました。

私は、二度にわたってその子の心に深く傷をつけました。
私には、その子と仲良くさせてもらうことなど許されないと、思っていました。
けれど、その子は私の事を悪くは思っていなくて、むしろ好意的に思ってくれているようで、
高2で同じクラスになって、私に話しかけてくれたり、信頼を置いてくれて、
色々と相談を受けたり、馬鹿話をして笑いあったり、また高校でも生徒会に一緒に入ろうね!と言える。


その時私は、自分の小ささに、自分の愚かさに再度気付かされました。
私はその子を深く傷つけてしまったのに、それでもその子はそんなことなかったかのように
明るく、他の、その子の仲の良い子と同じように接してくれる。

それが、どれほど大きなことか。
私に、それが出来るだろうか。
少なくとも、今の私には出来ないと思う。

傷ができたなら、私はその傷が完治するまで、
瘡蓋が二度と出来ないほどに完治するまでそんなことは出来ない。
けれど、その子は私と接するたびに瘡蓋がはがれ、
再び傷口があらわになり、またそのときの痛みに触れなくてはならない。
それが、どれほどに痛く、辛いことか。
私にはまだ分からない。

けれど、いつかは私も、そんな大きな人間に、なりたい。

拍手

PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
もみじ
性別:
女性
職業:
パートタイム派遣社員。
趣味:
被害妄想
自己紹介:
社会不安障害だったりする
非正規労働者によるブログ。

コメントは内容によっては
削除させていただく場合があります。
打たれ弱いので。ごめんなさい。

*ツール下部にンケートを設置しました*
もし宜しければご協力くださいませm(__)m

わたしのことを詳しく知りたい方はこちら
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 23 24
25 26 28 29 30
カウンター
最新CM
[08/03 こと]
[11/09 tara]
[01/24 こと]
[03/01 わたし]
[11/08 たいぞう]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
詩集出版に関してのアンケート